家を建てるってむずかしい

家を建てるってむずかしい

パナソニックホームズでマイホームを新築しました😆家づくりの知識は全然ないけれど、勉強しながら我が家の事を中心に発信しています✨目指せ、シンプル&スマート❕

窓の話。アルゴンガスは揮発する。

今回は、窓の話です。

 

とても身近なものですが、実は種類も沢山あり、知らないことも多いです。

 

サッシについての記事はよく見ますが、今回は窓の中でもガラス部分に焦点を当てたいと思います。

結構マニアックです💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、窓とは

 

窓とは「サッシ」と「ガラス」の部分を合わせたものです。

 

「サッシ」は窓枠とガラスをはめる框、鍵などの構成部品の事。

 

樹脂サッシ、木製サッシ、アルミサッシ、複合サッシなど

 

様々な種類があり、選ぶものによって

 

断熱性や耐久性、そして費用が変わってきます。

 

一方で「ガラス」の部分にも複数種類があります。

 

 

 

ガラスの種類

①一般ガラス(フロートガラス)

昔から使われている、一般的なガラスです。

 

平板でゆがみが発生しにくく、透過性や採光性に優れています。

 

安価なのでコスト重視の場合には取り入れやすいです。

 

少し前まで住宅のほとんどが使用していました。

 

現在の新築住宅ではあまりお見掛けしません。

 

 

②機能ガラス

省エネ、結露防止、防音、防犯、防炎などの

 

機能を持つガラスの事。

 

代表的なのは断熱性を上げるための複層ガラス、

 

防犯性・防炎性・防音性を挙げるための合わせガラスです。

 

破損の時の危険を低下させるものとして

 

強化ガラスや網入りガラスなどもあります。

 

 

現在の新築住宅では、

 

省エネ性能、機密性・断熱性を上げるため

 

複層ガラスを使用する場合が多いのではないかと思います。

 

 

複層ガラスについて

以下、YKKAPのホームページより引用です

 https://www.ykkap.co.jp/search/index.html?s=window_glass

 

基本機能のみ紹介します。

 

①Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

 

 

 

複層ガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティング。遮熱性にも断熱性にも優れています。

 

複層ガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティング。

 

遮熱性にも断熱性にも優れています。

 

太陽の日射熱を50%以上カットして、

 

夏は涼しく冬は熱を外へ逃がしません。

 

 

冷暖房効率をアップして、節電にも貢献。

 

紫外線も大幅にカットするので、

 

家具やカーペットの退色も抑えます。

 

 

②Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

 

 

 

複層ガラスの室内側ガラスをLow-E金属膜でコーティング。断熱性を高めています。

 

先程とは逆に、

 

複層ガラスの室内側ガラスをLow-E金属膜でコーティング。

 

冬、室内に太陽光を採り込み、

 

暖房熱を外へ逃がしません。

 

不快な結露の発生も抑えることができるので、

 

カビやダニなどの繁殖もセーブします。

 

冷え込みが厳しい寒い部屋に有効な高断熱仕様です。

 

 

③複層ガラス

 

 

2枚のガラスの間の空気層で断熱。熱の流入出を抑制

 

2枚のガラスの間の空気層で断熱。

 

ガラスとガラスの間に空気を挟むことによって、

 

1枚のガラスよりも優れた断熱性能をもっています。

 

 

 

複層ガラスは、その名の通り、

 

ガラスが複数枚。

 

そこに金属膜でコーティングするかどうか、

 

どちら側をコーティングするか、

 

そんな選択になりそうです。

 

その中で、基本の3種類の複層ガラス紹介に

 

オプションとして必ず出てくる

 

”アルゴンガス”。

 

・・・アルゴンガスって何だ??

 

 

 

アルゴンガスについて

アルゴンガスとは?

 

アルゴンガスとは、

 

空気中に約1%存在する毒性のない不燃性の不活性ガスで、

 

電球や蛍光灯の中にも使用されています。

 

熱を伝えにくく空気よりも比重が重い特性があるため、

 

複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。

 

f:id:anpan_mama:20201006120334p:plain

出典:https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Triple

 

 

アルゴンガスが複層ガラスの中に入っていると、

 

乾燥空気よりも熱を伝えにくいため、暖かい。

 

それは理解出来ました。

 

 

アルゴンガスを入れる値段は?

我が家が選んだパナソニックホームズのカサートCでは

 

全ての窓が標準で

 

アルゴンガス封入Low-E複層ガラス(日射遮蔽型)

 

となっていました。

 

これはYKKAP社製の、

 

パナソニックホームズ専用商品だそうです。

 

そこから、逆にアルゴンガスを抜いたらどうなるか?

 

聞いてみたところ、

 

窓の大きさによって

 

数百円~数千円の差が出るとのことでした。

 

単純にこれだけでは一般的な値段はわかりませんが・・

 

パナソニックホームズでの差額はそれくらいだそうです。 

 

ネット上ではアルゴンガスの入っている窓と入っていない窓で

 

1~2万円の差があるものも出ていました。

 

 

アルゴンガスは揮発する?

我が家の標準で入っている窓について調べていて

 

アルゴンガスに行きついた夫くん。

 

「ガスでしょ?揮発とかしないの?」

 

と疑問が湧いたようで色々と調べ始めました。

 

やはりどうやら、アルゴンガスは揮発するらしい

 

という結論になったみたいです。

 

そこでパナソニックホームズの担当者に問い合わせ。

 

担当者もすぐにはわからずに、YKKAPに問い合わせ。

 

その結果、やはり数年内には揮発してなくなる

 

という回答だったようです。

 

そうか、揮発するのか・・

 

揮発する・・

 

ビックリしましたか⁉️

 

ガスなんだし、まぁそうでしょ?

 

といった方もおられますか?

 

私はビックリが勝ちました😓

 

 

ということは、アルゴンガスを封入しても、

 

最初の断熱性能がずっと保持されるわけではない

 

ということですね💦

 

 

 

我が家の選択

アルゴンガスが揮発して

 

数年程度でなくなるということがわかった我が家。

 

さて、どうしようか?

 

いずれなくなるものならば・・

 

検討した結果、夫くんの結論は

 

アルゴンガスを入れる窓と抜く窓を選ぶ!

 

というもの。

 

東西南北、大小様々な窓を設置している我が家。

 

全部同じようにアルゴンガスを入れる必要はないと

 

思ったのでした。

 

 

その結果、家全体の断熱グレードに関わることになるとは

 

その時点では思ってもみませんでしたが💦💦

 

次回、パナソニックホームズの断熱グレードについて

 

書きたいと思います✨

 

 

 

応援、よろしくお願いします🌻