家を建てるってむずかしい

家を建てるってむずかしい

パナソニックホームズでマイホームを新築しました😆家づくりの知識は全然ないけれど、勉強しながら我が家の事を中心に発信しています✨目指せ、シンプル&スマート❕

【実証実験】掃除や対策の参考に!キッチンの油跳ねはどのくらい(何cm)広がる??

こんにちは😀

 

 

 

 

今回のテーマはキッチンの油跳ねについて!

 

新居に入居して初めてIHを日常的に使うようになった私。

「ガスよりIHの方が油跳ねしにくい」と聞いていたけれど、

実際に使ってみて

「確かにガスより減ったけど、思ったより跳ねている気がする・・」

というのが実感。

 

そこで!

今回はIHでの調理中の油跳ねがどの程度なのか?

我が家の場合を可視化してみましたのでご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

実験方法はシンプル!

 

我が家のキッチンのIH周りに、油跳ねがわかりやすいようにカラーペーパーを敷き詰めました!

我が家のキッチンはフルフラットではなく手元に30㎝立ち上がりがある『スマートステップ対面』という仕様です。

立ち上がり部分や上のカウンターもカラーペーパーで覆いました。

 

f:id:anpan_mama:20220123222324p:plain

 

危険のないよう、加熱部分だけ開けてあります↓


f:id:anpan_mama:20220123183040j:image

 

この状態で、フライパンを置いて調理!


f:id:anpan_mama:20220123183045j:image

 

まずはこの日のメニューとして炒め物↓をしました。


f:id:anpan_mama:20220123183116j:image

 

 

続いて、「油が跳ねる料理」の王道(?)、唐揚げを作りました!

 

f:id:anpan_mama:20220123183017j:image

 

唐揚げの際は、メーカー推奨通りIHの『揚げ物』メニューで。

(揚げ物メニューじゃないとより油が跳ねるようです)

揚げ物、と言っても完全に『揚げ焼き』ですが💦


f:id:anpan_mama:20220123183108j:image

 

実験としては、これだけです!

結果はどうだったのか?!

 

続きをどうぞ!

 

 

 

 

結果は・・・

 

調理後の写真がこちらです!


f:id:anpan_mama:20220123183113j:image

 

見事に油跳ねが可視化されました!(笑)

IHの周りを中心に、広範囲に油が飛んでいるのがお分かりいただけると思います。


f:id:anpan_mama:20220123183051j:image

 

 

油跳ねの範囲を実測!

 

実際、どのくらいの範囲に油が跳ねていたのか?

測ってみました!

 

IHの加熱リングがわかりやすいように加工しましたが、IH右側の油跳ねの範囲としてはこのような感じです↓

 

f:id:anpan_mama:20220123224624p:plain

 

リングから30㎝程度までは油跳ねの量がとても多く

遠く跳ねるものは40~50㎝飛んでいます。


f:id:anpan_mama:20220123183021j:image


f:id:anpan_mama:20220123183042j:image

 

 

斜め方向で見ても、やはり30~40㎝までは油跳ねがみられます。


f:id:anpan_mama:20220123183105j:image

 

 

IH左側も見てみると(メジャーが逆さになってしまいますが)

こちらもやはり20~30㎝程度は密に油跳ねのシミが見られます

 

f:id:anpan_mama:20220123183119j:image

 

 

最も遠い油跳ねは50㎝以上でした。

 

f:id:anpan_mama:20220123183058j:image

 

 

手前は(写真がわかりにくいですが)、

加熱リングからキッチンのワークトップまでが27㎝。

その範囲へは油が跳ねていて、調理中に床にも跳ねていくのも確認出来ました💦

 

f:id:anpan_mama:20220123183027j:image

 

 

あとは、高さ。

IHの排気口を塞がないように手元の立ち上がり壁に貼ったカラーペーパーへの油跳ねの状況はこちらです↓


f:id:anpan_mama:20220123183122j:image

 

加熱リングを基準にすると、20㎝弱離れたところに立ち上がり壁があります。

 

上から見ると、こんな感じにカウンターの上にまで油跳ねが見られました。

f:id:anpan_mama:20220123183036j:image


f:id:anpan_mama:20220123183030j:image

 

 

一番遠い油跳ねは、カウンター上部27㎝!!

f:id:anpan_mama:20220123230420j:image

 

30㎝の立ち上がりは結構高さがあると思っていたので、それを越えて油が跳ねているのは単純に凄い・・💦

このカウンター上部が気づくと油っぽくなっていることがあり、

「え?こんなに油が飛んでいるの?!」と前から思っていたのですが、これが今回の実験をしてみようと思った動機の一つです。

実際にカウンター上部まで油が跳ねていることが証明されました😓

 

 

 

 

キッチンの油が跳ねる範囲のまとめ!

 

ここまでの実験結果をまとめると

 

キッチンの油跳ねは

・IHの加熱リングから半径30㎝の範囲ではとても多い

・遠くに跳ねるものは40~50㎝になる

30㎝の立ち上がり壁を超えるようにして跳ねる油も少なくない

ということになりました!

 

あくまで私の調理の仕方の場合、ですが。

 

 

 

 

キッチンの油跳ねの対策は?

 

油跳ねの対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

油跳ね防止ネットを使う

 

我が家はこれです。

 

 

調理中に蓋のように上から被せるだけで、油跳ねがかなり軽減されます!

色々な種類があるため、検討してみてください✨

 

 

 

油跳ねガードを使う

 

調理器具自体にではなく、キッチン自体をガードする方法。

 

 

我が家は使っていませんが、効果はありそうです!

出し入れの簡単さや収納方法なども合わせて検討したいですね✨

 

 

フラットキッチンの方にはこちらも!

 

 

ガラスやアクリルの壁を作りつけるパターンもあると思いますが、

ずっと綺麗に保つのが難しそう・・と思ったりします。

素敵なキッチンの目の前のガラスが汚れていたら・・台無し💦

汚れてしまったら取り換えられるものにするのも一つの方法ではないかと思っています。

 

 

油跳ね防止シートを貼る

 

キッチンに汚れ防止シートを貼り、汚れてきたら貼りかえる方法。

 

 

 

100均などにもあり、透明から色柄物も様々。

好みのものに出来そうです✨

 

 

後はもう・・こまめに掃除!!

それしかないかもしれません😢

 

 

 

 

おわりに

 

キッチンの油跳ねがどのくらい広がるか?

実験した結果を公開しました!

意外と遠くまで油は飛んでいます!!(笑)

 

対策やお掃除の参考になると幸いです✨

 

 

我が家のキッチンの詳細はこちら☆

 

anpan-mama.hatenablog.com

 

 

 



 

 

 

応援、よろしくお願いします🌻