家を立てるってむずかしい

家を建てるってむずかしい

パナソニックホームズでマイホームを新築しました😆家づくりの知識は全然ないけれど、勉強しながら我が家の事を中心に発信しています✨目指せ、シンプル&スマート❕

【240と350の違いは?選び方から施工方法まで】防草シート「ザバーン」について本気出して調べてみた!!

こんにちは😀

 

 

 

 

我が家の周囲が

 

防草シートを突き破って

 

雑草だらけになってしまいました💦

 

anpan-mama.hatenablog.com

 

記事内で一部追記しましたが、

 

防草シートが見積もり記載のものと

 

違うものが施工されていたという

 

びっくりするトラブルが・・😲

 

 

その件に関しては

 

全て解決してから再度報告するとして、

 

これを機に本来施工されるはずだった

 

防草シート「ザバーン」について

 

色々と調べたので、

 

まとめたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

ザバーンとは 

 

www.gfield.co.jp

 

ザバーンは米国デュポン社が開発した防草シートで、世界最太レベルの極太長繊維が縦横無尽に重合する独自構造を持ち、優れた強度・耐久性・寸法安定性により雑草を効果的に抑制できます。

同時に、透水性に優れ、雨や液体肥料を通すため、雑草を抑えつつも、植栽などの成長を阻害しません。

ザバーン防草シートカタログより引用

 

プロがよく使用するという、

 

とても高機能な防草シートです✨

 

 

特長

 

①特殊加工の極太繊維を使ったポリプロピレン不織布

4層構造の極太繊維を熱融着していて、強度抜群!

ポリプロピレンは水にさらされても劣化せず、土壌へ有害物質が溶け出したり焼却の際に有害物質が溶け出したりする心配がない!

 

 

②雑草の抑制効果が高い

 ザバーンは繊維の隙間が広がりにくく、強い雑草でも貫通を抑えられる!

特にザバーン240G,350は、強力なイネ科、スギナ、チガヤ、ヨシ、ハマスゲなどにも対応。

 

 

③透水性が高い

薄い構造なため目詰まりしにくく水や空気をよく通す。土壌や環境への影響が少ない。

 

 

④砂利の沈下防止になる

砂利は雨や雪、上を歩くことなどにより沈下してしまいますが、防草シートにより沈下を防ぎ路盤の変形や轍を防止できる。

 

 

ということ。

 

 

防草シートを選ぶ際には

 

・貫通抵抗力

・透水性

・遮光率

・耐久性

・施工性

 

などを考慮して選ぶのが良いそうです。

 

いずれについてもザバーンは

 

優れた防草シートのようです✨

 

 

 

種類

 

 ザバーンは3種類。

 

ザバーン136G(スタンダードタイプ)

ザバーン240G(強力タイプ)

ザバーン350G(高耐久・強力タイプ)

 

f:id:anpan_mama:20210808151216j:plain

 

それぞれのシートについて、

 

以下の項目を比較したいと思います!

 

(カタログを参考にしました)

 

 

・シートの厚み:

厚い方が雑草を通しにくい

・雑草対応:

強い雑草(スギナ、チガヤ、ヨシ、ササ、セイタカアワダチソウなど)の予防効果

f:id:anpan_mama:20210808155319p:plain

 強い雑草は「葉っぱが尖っているもの」が多いそうです

・耐用年数(曝露)

太陽に晒され続けた時の耐用年数

・耐用年数(砂利下):

砂利下に敷いた時の耐用年数
 ・透水性:

雨が降るなどしてシートの上に溜まった水がなくなる速度

・遮光率(%):

太陽光を遮断する能力

 

 

比較表

 

上記を比較してまとめたものがこちら!

 

f:id:anpan_mama:20210809131529p:plain

 

136G⇒240G⇒350G

 

シートが厚くなるにつれて

 

雑草の貫通力や耐用年数は増します

 

 

240Gと350Gは張り強度が強く、

 

重機で乗り上げても破れにくい構造

 

だそうです!!

 

f:id:anpan_mama:20210808214527j:plain
f:id:anpan_mama:20210808214539j:plain

 

240Gと350GのA4カットサンプルは

 

このように横から持っていても

 

曲がらない位の強度!

 
f:id:anpan_mama:20210808214534j:image

 

さすがに136Gではダメでした・・💦

 

 

逆に厚みが増すことで透水性は低くなります。

 

また、厚いことでシートを切ったり

 

施工するのは大変になります。

 

DIYで施工する予定の方は

 

ご注意ください)

 

 

 ちなみに、我が家に間違って

 

施工された防草シートですが。

 

厚み0.5mmのポリプロピレン製の不織布タイプ

 

耐用年数は2~3年でした💦

 

f:id:anpan_mama:20210808151209j:image

 

 

ザバーンは比較するとかなり目が細かく、

 

また手触りも固くて頑丈そうです。

 

f:id:anpan_mama:20210808151212j:image

 

業者さんが使う、というのも

 

納得です!!

 

 

類似商品

 

ザバーンと同じデュポン社の製品は他にもあります。

 

プランテックスという商品と

 

グリーンビスタプロという商品です。

 

 

どちらも基本的には

 

ザバーンと同じものだそうです。

 

違いは

 

プランテックス

 

①125BB(ガーデン用)と240BB(ザバーン240と同等品)の2種類展開

②黒と茶色のリバーシブルで両面どちらでも施工できる

 

という点で、

 

どちらも砂利下などでの使用では

 

ザバーン同様半永久的に効果が期待できます。

 

 

グリーンビスタプロは

 

砂利下に敷く用の商品で

 

136G(ザバーン136Gと同等):砂利の沈下防止が主目的

240G(ザバーン240と同等):雑草抑制と砂利の沈下防止が主目的

 

の2種類があります。

 

ザバーンは、240Gと350Gは砂利を敷かず

 

曝露状態でも使用可能

 

(耐用年数はあるため張替が必要になる)

 

なので、その辺の違いと思われます!

 

 

 

 

施工時の注意点

 

 ザバーンに限らず、防草シートは

 

紫外線に晒され続けることで劣化

 

していきます。

 

 

そのため、シートの上に

 

砂利などを敷設することで

 

長持ちさせられます! 

 
 
ザバーンに関しては、
 
地域やそれぞれの住宅環境によりますが
 
砂利の積載量は5~10㎝程度が推奨
 
砂利は5号もしくは6号砕石が好ましい
 
とのこと!!
 
皆様、ご注意ください!!
 
 
あ、ちなみに我が家の砂利の積載量は
 
全然5㎝も満たしておりません😣
 
 
 
 

おススメは??

 
ここまで色々と調べてきて、
 
ザバーンという商品自体
 
とても機能性が高く
 
我が家にもきちんと施工して欲しかったし
 
おススメするべきものだということが
 
よくわかりました!!
 
 
その中では、自宅に使用するとするならば
 
やはり強い雑草の抑制効果のある
 
240Gまたは350Gが良いと思います!
 
 
どちらかを選ぶといえば・・
 
強度や長持ちさせるためには350G!
 
水はけを良くするには240G!
 
DIYでの施工しやすさを優先する場合も240G)
 
といったところでしょうか。
 
 
もちろん商品の値段も
 
こちらを目安にすると
 
 
 
 
 
 
1m×30mの商品が
 
ザバーン240Gで13000円
ザバーン350Gで19400円
 
となっていますので、
 
値段だけではザバーン240の方が
 
もちろん安価です。
 
 
施工面積や周辺の状況等を鑑みて
 
合うものを選んでいただけると
 
良いのではないかと思います🎵
 
 
 
今回は以上です!
 
 
 
 
 
 
応援、よろしくお願いします🌻